品質保証・CSR 永谷園グループをより理解いただくために企業活動内容や2016年度に取り組んだ環境保全活動内容をご紹介します。

環境・社会報告書2017

ひとりじゃない みんなでやろう 夢もって 永谷園ホールディングス [総務人事部]森田 明

従業員との関係

ダイバーシティ推進

女性活躍推進法により、従業員301人以上の企業は女性活躍推進の行動計画の策定や公表が義務付けられています。永谷園グループでは、永谷園、サンフレックス永谷園、麦の穂の3社がこれに当たり、それぞれが女性活躍推進行動計画を策定し、取り組んでいます。

永谷園

ダイバーシティ推進の一環として、2014年度より女性の活躍推進の取組みをスタートさせ、女性の活躍推進や多様化する働き方への対応の必要性を周知する研修を実施しました。また、既存制度の活用を促進することで、男女ともにこれまで以上に仕事と家庭を両立しながら活躍していける環境づくりに取り組んでいきます。

育児休業を取得して
永谷園 営業本部 商品企画部 熊谷 卓也

永谷園
営業本部
商品企画部
熊谷 卓也

次男の育児のため、約8カ月の育児休業をいただきました。上司や同僚など職場の皆の理解と協力が得られ、本当に感謝しています。おかげさまで、日々の子どもの成長を間近で見ながら、とても貴重な時間を過ごすことができ、育児休業を取得して良かったと思いました。
復帰後も、上司や同僚にサポートしてもらい、保育園の送迎などに行くことができ、育児と仕事の両立ができています。今後も仕事、育児ともに精一杯がんばっていきたいと思っています。

サンフレックス永谷園

女性の活躍の場を広げる取組みの一環として、フォー クリフトを運転できる女性従業員の育成を行っています。 2016年度は全工場あわせて15名の女性従業員がフォークリフトの免許を取得しました。また、重量物運搬用の産業用ロボットを積極的に活用することにより、これまで男性が中心だった力仕事にも女性が従事できるようになりました。

フォークリフトを運転できる女性従業員が増え、女性の活躍範囲が拡大

フォークリフトを運転できる女性従業員が増え、女性の活躍範囲が拡大

麦の穂

2016年3月に専門部署である「ダイバーシティ推進グループ」(現在は人事企画部にて継承)を新設しました。 全社員へのインタビューを通して課題を抽出し、これまで以上に従業員が能力を発揮できる環境づくりに取り組んでいます。2017年1月には大阪市から、女性の仕事と家庭の両立に取り組んでいる企業に与えられる「女性活躍リーディングカンパニー」に認定されました。

「女性活躍リーディングカンパニー」の認定証

「女性活躍リーディングカンパニー」の認定書

PAGE TOP