永谷園グループの品質保証システム お客様が安心して商品をお召上がり頂けるように、食の安全と安心を提供し続けます。

食品安全

フードディフェンス

永谷園では、食品安全に加え、食品への意図的な毒物などの混入や汚染などに対する安全管理として「フードディフェンス」の取り組みを行っています。
永谷園のグループ会社を含めた各工場では、入室エリアなど人の出入りがある場所や重要工程などへのカメラの設置を積極的に進めています。また、いつ、誰が工場に入退出したかの履歴を残す仕組みや、従業員に対するフードディフェンス教育なども行っています。さらには、工場内で使用する洗剤や品質管理で使用の薬品についても、様々なリスクが考えられるため、このような洗剤・薬品などの施錠管理、在庫管理を徹底しています。これらの管理については、米国製パン研究所(AIB)が定めている食品安全統合基準や米国食品医薬品局(FDA)等のガイドラインなどを参考に永谷園独自の「フードディフェンスプログラム」としてルール化し管理強化を進めています。このルールの実施、運用状況については、定期的に確認し継続的な改善を行っています。
また、フードディフェンスに関しては、従業員とのコミュニケーションも重要であるため、業務上でのコミュニケーションはもとより職場以外での交流を深める活動も積極的に行っています。

人の出入りがある場所などにカメラを設置し、状況をモニタリング 人の出入りがある場所などにカメラを設置し、状況をモニタリング
工場ごとにフードディフェンスプログラムを構築 工場ごとにフードディフェンスプログラムを構築
永谷社長が参加した職場外でのコミュニケーション1 永谷社長が参加した職場外でのコミュニケーション
永谷社長が参加した職場外でのコミュニケーション2
フードディフェンス教育 フードディフェンス教育
PAGE TOP