品質保証・CSR 永谷園グループをより理解いただくために企業活動内容や2015年度に取り組んだ環境保全活動内容をご紹介します。

環境・社会報告書2016

いつまでも 川遊びできる 環境大切に

水使用量削減への取組み、廃棄物削減への取組み

水使用量削減への取組み

永谷園グループでは、地域の水質源を今後も持続可能な形で使用していくために、工場や事業所における水使用量の削減に努めています。

手洗い場における節水奨励/(株)永谷園 茨城工場

手洗い場には節水コマと自動水洗を導入しています。また、手洗い場に「水を大切に!!」シールを貼り付け、節水を呼びかけています。

  • 節水シールを貼った手洗い場

    節水シールを貼った手洗い場

スプレー式レトルト殺菌機の導入/(株)オクトス

レトルト殺菌機を貯湯式からスプレー式に変更しました(2015年7月より本格稼働)。水の使用量は、処理1回当たりで従来の3.7トンから0.5トンに減少し、年間では前年度対比約35%削減することができました。

  • スプレー式のレトルト殺菌機

    スプレー式のレトルト殺菌機

廃棄物削減への取組み

動植物性残渣を使った堆肥の使用/(株)花笠食品

生産工程で発生した動植物性残渣を使った堆肥を購入し、社内の植栽の肥料として使用しました。2015年度の動植物性残渣のリサイクル率は100%、廃棄物全体のリサイクル率は93%でした。

  • 敷地内の植栽に動植物性残渣(さ)を使った堆肥をまきました

    敷地内の植栽に動植物性残渣を使った堆肥をまきました

乾燥剤の路盤材へのリサイクル/(株)サンフレックス永谷園

従来は焼却処理していた、仕掛品の輸送時に使用する乾燥剤(年間約1,800kg)を廃棄物業者に引き渡して路盤材にリサイクルしました。その他の廃棄物も分別を徹底することにより、リサイクル率を向上させることができました。

PAGE TOP