品質保証・CSR 永谷園グループをより理解いただくために企業活動内容や2016年度に取り組んだ環境保全活動内容をご紹介します。

環境・社会報告書2017

繋げよう 栄光(エコ)の架け橋 皆の手で 永谷園プロパティ 角田 正美

環境会計

永谷園グループでは、環境会計の導入により、環境保全活動を推進するうえで必要な経費を管理しています。また、環境保全活動と経費のバランスを考え、環境経営を推進しています。

【環境保全コスト】(単位:千円)
環境保全コストの分類 主な取組み 2016年度 2015年度
投資額 費用額 投資額 費用額
事業エリア内コスト 公害防止コスト
・水質汚濁防止
・大気汚染防止 等
電動式フォークリフト・ガスボイラー・浄化槽等の導入・維持管理費 など 2,116 54,263 868 48,945
地球環境保全コスト
・CO2削減
・省エネルギー 等
コンプレッサーの導入・維持管理費、省エネルギー推進 など 300 28,388 220 19,772
資源循環コスト
・廃棄物のリサイクル 等
空冷式空調機、プチスケールの導入・維持管理費 など 29,888 254,425 16,920 190,972
上・下流コスト 容器包装リサイクル法の再商品化委託 など 114,259 114,240
管理活動コスト EMS構築・運用、環境教育 など 47,048 34,464
研究開発コスト 環境負荷低減型の包装資材の開発 など
社会活動コスト 自然保護基金への寄付 など 1,900 913
環境損傷対応コスト 該当なし
合計 32,304 500,283 18,008 409,306
【環境保全活動に伴う経済効果】(単位:千円)
環境保全活動に伴う経済効果 2016年度 2015年度
収益 廃棄物のリサイクル売却収益
(金属くず、古紙、廃プラスチック類、動植物性残渣)
4,431 4,909
  • ※環境保全割合については、簡便な基準による按分集計方法にもとづいて算出しています。
  • ※千円未満は切り捨てで表示しています。
環境会計とは
環境会計とは、環境活動(設備投資を含む)のためにどのくらいのコストをかけて、どのくらい効果があったのかを数値化したものです。
【投資額】企業の償却資産への設備投資額のうち、環境保全を目的とした支出額を計上したもの。
【費用額】企業の費用のうち、環境保全を目的とした発生額を計上したもの。
編集後記
(株)永谷園ホールディングス 広報部 環境推進室 室長 斉藤 公一

永谷園ホールディングス 広報部
環境推進室 室長
斉藤 公一

「環境・社会報告書」は紙媒体とWeb媒体の二本立てで構成しています。
紙媒体は「ダイジェスト版」と位置付け、見開き8ページに凝縮して永谷園グループの環境・社会貢献活動を紹介しています。
一方、Web媒体ではダイジェスト版では紹介しきれなかった詳細情報を掲載しました。グループ各社が様々な活動をしていることをご理解いただければと思います。
これからも永谷園グループはそれぞれの立場から、社会的課題の解決に取り組んでいきます。その内容は次回の報告書でご案内させていただきますので、次回もぜひご覧ください。

PAGE TOP